炭鉄港カード

炭鉄港とは?

空知の「石炭」、室蘭の「鉄鋼」、小樽の「港湾」、そしてそれらを繋ぐ、「鉄道」を舞台に繰り広げられた、

北海道近代化の礎となった歴史・産業遺産の物語が「炭鉄港」です。

 

見る者を圧倒するその産業景観は、これまでにない北海道の新たな魅力として、訪れる人に深い感慨と、新たな価値観をもたらし続けており、令和元年5月20日に日本遺産に認定されました。

トップへ戻るボタン